チャコさんのコラム 「お茶にしようか 第73回」

  on
お茶

お茶

acworks

 冷夏になるとの予報はどこへやら、やはり今年も暑さ厳しい夏となりました。そんな中、水分補給や節電のためのエコロジーも相まってかマイボトルやティーポットで水出しするお茶が人気です。

 お茶

image from acworks

 夏場のお茶といえば麦茶が定番ですが、それに加えて緑茶やほうじ茶、紅茶などでも1リットル用の大型ティーバッグで販売されているものもあって水出しならではのまろやかな口当たりでゴクゴクと飲めるお茶の美味しさもさることながら、夏場に麦茶を作り慣れている人にとっては一度にたくさん作って冷蔵庫で冷やすお茶は親しみやすく、馴染みがあるのかもしれません。

 ティーバッグの茶葉は通常ティーカップ1杯用で約2g、味のしっかり出る三角形のテトラタイプでは3gですが1リットル用サイズだと8gほどでティーバッグの大きさもヤカンで麦茶を作る際のそれに似ています。

 紅茶専門店や雑貨店などではグレープフルーツなどのスッキリ柑橘系からピーチやベリ ーといった甘い香りのお茶が紅茶に限 らず、ベースになる茶葉も緑茶に麦茶に烏龍茶など組み合わせも様々。

 時にはお茶とフレーバーの豊かな風味がカクテル感覚で楽しめて、夏の気分をより盛り上げてくれます。美味しいお茶をたくさん作って飲んで、厳しい残暑を乗り切りましょう!