日本車がトップ3独占、米調査でアメ車の評価低く

  on
2015年モデルの Lexus CT 200h

2015年モデルの Lexus CT 200h

レクサス

 78年もの歴史ある米消費者情報誌「コンシューマー・リポート」が発表した自動車ブランドの信頼度調査で、上位3位を日本勢が独占するという結果になった。トップ10入りした米国のクルマはわずか1ブランドにとどまった。

 第1位となったのは、トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」。同ブランドは去年に引き続き1位に輝いた。第2位はトヨタの大衆向けブランド「トヨタ」、第3位はマツダだった。

 10位以内に入った日本勢はほかに、ホンダが4位、富士重工業のスバルが7位、トヨタ自動車の若年層向け「サイオン」が8位にランクインとなった。

 トップ10ブランドのうち、6つが日本車となった。残りはドイツ車(5位にアウディ、9位にポルシェ)、韓国車(10位に起亜自動車)、そしてアメリカ車として唯一トップ10入りしたゼネラル・モーターズ(GM)のビュイック(6位)という結果だった。

 20位までのランキングはこちら

自動車ブランドランキング(コンシューマー・リポート)
自動車ブランドランキング(コンシューマー・リポート)