エボラ熱死者、西アフリカ3カ国で4950人=WHO

  on

 世界保健機関(WHO)は7日、西アフリカ3カ国でのエボラ出血熱の感染者が4日までに1万3241人となり、うち4950人が死亡したと発表した。

 WHOは声明で「ギニア、リベリア、シエラレオネの一部地区では発症例の減少が見受けられるものの、他の地区では引き続き急増している」とした。