米ファーガソンの抗議活動再燃:ニューヨーク、ボストン、ロサンゼルスなどへ拡大

  on
  • デモ行進

    米ミズーリ州ファーガソンで黒人少年マイケル・ブラウンさんが射殺された事件について、24日、大陪審は射殺した白人警官の不起訴を決定した。これに対する抗議活動が広がりロサンゼルス、カリフォルニアでは抗議のプラカードを掲げた人によるデモ行進が行われた。25日、オバマ米大統領は、大陪審の決定に対して暴動による破壊活動を行った者は処罰するとし人種関係改善に早急に動くよう述べた。

    ロイター/マリオ・アンズオ二(Mario Anzuoni)さ
  • フラッグを掲げて抗議

    ミズーリ州ファーガソン警察署前では、黒人少年マイケル・ブラウンさんが射殺された事件に対して24日大陪審が不起訴を下したことに抗議する人々が、フラッグを掲げて警察とにらみ合いになった。

    ロイター/ジム・ヤング(Jim Young)さん
  • ニューヨークでも抗議

    黒人少年マイケル・ブラウンさんが射殺された事件について大陪審の判決に抗議する人々がニューヨーク、タイムズスクウェアでも25日デモ行進を行なった。

    ロイター/シャノン・スタプレトン(Shannon Stapl
1 of 3


米ミズーリ州ファーガソンで黒人少年マイケル・ブラウンさんが射殺された事件について、24日、大陪審は射殺した白人警官の不起訴を決定した。これに対する抗議活動が広がりロサンゼルス、カリフォルニアでは抗議のプラカードを掲げた人によるデモ行進が行われた。25日、オバマ米大統領は、大陪審の決定に対して暴動による破壊活動を行った者は処罰するとし人種関係改善に早急に動くよう述べた。写真: ロイター/マリオ・アンズオ二(Mario Anzuoni)さん

 米ミズーリ州セントルイス郡ファーガソンで今年8月9日、丸腰の黒人少年マイケル・ブラウン(Michael Brown)さん(18)が白人の警察官ダレン・ウィルソン(Darren Wilson)さんに射殺された。11月24日、ミズーリ州の大陪審はウィルソンさんの起訴を見送る決定を下した。ブラウンさんは丸腰で両手を上げていたにもかかわらず警官に射殺されたとして、事件直後から抗議デモが相次ぎ、背景に黒人差別を指摘する声もでていたが、大陪審の裁定を機に再び抗議は勢いを増した。

 米ミズーリ州ファーガソンでは24日夜、放火された車、炎をあげる建物のために息苦しい空気が漂うなか、歪んだ金属や灰が残った。市民と法執行当局はいずれも、今後の対応に向けて動いている。学校は24日も依然として休校のままであった。ジェイ・ニクソン(Jay Nixon)ミズーリ州知事はセントルイス郡に1,500人の州兵の追加派遣を命じた。「ファーガソン地域に、さらに多くの人員を投入している。夜通し行われた法律を無視した抗議活動を繰り返させないためだ」とニクソン州知事は25日記者会見で語り「事態をうまく収拾しなければならないが、それは可能だ」と加えた。

 ファーガソンから始まった抗議行動は野火のように全米中に広がっている。米CNNニュースによると25日、米国37の州で130以上の抗議デモが計画され、これらは米国以外にカナダでも行われたと報じた。市民の抗議は、ミズーリ州大陪審がブラウンさんを射殺したファーガソンの警察官、ウィルソンさんを不起訴にしたことによる。オバマ米大統領は、平和的な抗議行動を行うよう繰り返しブラウンさんを支持する人々に呼びかけた。しかし怒りをあらわにしたファーガソンの抗議者たちは24日夜になっても、建物の窓を壊し、火をつけるなど衝突が続き、その後も不満は各地に広がっている。

 25日夜、ニューヨーク市では、少なくとも400人の抗議者が市内のユニオンスクエアに集まった。その一方で、マンハッタン島からハドソン川をくぐりニュージャージー州を結ぶリンカーントンネルの入り口が封鎖された。また、マンハッタンを走る高速道路であるフランクリン・D・ルーズベルト・イースト・リバー・ドライブは両車線とも閉鎖されたとCBSニュースは報じた。


封鎖: ニューヨーク市の主要高速道路であるフランクリン・D・ルーズベルト・イースト・リバー・ドライブは、多くの人が抗議の行進を行ったため、すべての車線が封鎖された。2014年11月26日米ニューヨーク市マンハッタン午前10:39 Jenna Pope @JennaBPopeより。

 マサチューセッツ州ボストンでは、約1,400人がダッドリー・スクエアからサウスベイ・ハウス・オブ・コレクションの建物まで「黒人の命は大切だ(black lives matter)」「手を上げているのに射殺するな」などと叫びながら抗議デモを行った。このデモ行進は人種差別に反対する活動を行っているグループ「ブラック・リブ・マター・ボストン」によって主催された。このデモによってマサチューセッツ・アベニュー・コネクタは封鎖され、州間高速自動車道93近くで州警察と押し合いになったとマサチューセッツ州ボストンの日刊新聞『ボストン・グローブ』は報じた。

 ワシントンの警察本部前の歩道で「死体」のように横たわり抗議する人の胸には「黒人の命は大切だ(black lives matter)」と書かれていたとワシントンのテレビ局WUSA9 TVは伝えた。

 イリノイ州シカゴ市では25日、市役所の5階ラーム・エマニュエル(Rahm Emanuel)市長のオフィスの外に黒人を支援する活動を展開している「ブラック・ユース・プロジェクト」のメンバーら数百人が数時間にわたり抗議のための座り込みを行い、その後デモ隊は逮捕されるおそれもあるなかミシガン通りを行進したとシカゴのテレビ局WGN TVは報じた。27

約200人がラーム・エマニュエルシカゴ市長のオフィスで黒人に対する警察の対応に抗議した。2014年11月26日イリノイ州シカゴ午前7:27

 ミネソタ州ミネアポリスでは、25日警察署近くの交差点が抗議グループによって封鎖された後、車が抗議者のグループに突っ込み女性1人がひかれたとミネアポリス・スター・トリビューン紙は伝えた。

 カリフォルニア州ロサンゼルス南部では約250人が「警察に抗議する、残忍な行為は許さない」「ウィルソンを逮捕しろ」などのプラカードを持ってクレンシャーとマーティン・ルーサー・キング・ジュニア大通りを行進したとNBCニュースは報じた。

デモ隊はロサンゼルス南部を行進した。2014年11月26日午前10:11 #Ferguson

デモ隊はロサンゼルス南部を行進した。2014年11月26日午前10:11 #Ferguson Live @natedrugより

 26日夜NHKニュースはアメリカ社会が黒人少年の射殺をきっかけに揺れていると報じ、現地では反発した住民が一部暴徒化し44人が拘束されたと伝えた。また少年を射殺した警官がインタビューに答え「少年が突進してきた」と述べる一方で、少年の父親とともに記者会見した人権活動家は「射殺した警官の起訴を求めていく」と述べたことを伝えた。ファーガソンは市民の3分の2は黒人だが要人は白人が占めており普段から黒人の不満が募っている背景を指摘した上で、オバマ大統領は沈静化を訴えているが、事態は既に20都市に拡大し全米レベルの問題になっていると報じた。

 *この記事は、米国版 International Business Times の記事を日本向けに抄訳したものです。