チャコさんのコラム 「お茶にしようか 第78回」

  on
クリスマス限定商品

クリスマス限定商品

ルピシア

 クリスマスパーティでの飲み物といえば、シャンパンに見立てた甘いシャンメリー

 お茶

image from ルピシア

 ポン!と栓を開ける瞬間のドキドキと、その後の「フタどこ飛んだ?」のやりとりを今でも懐かしく思い出します。(栓の開け方をよく読みましょう・・・)

 紅茶ショップでも「クリスマス限定」と銘打ってこの時期だけのお茶が登場しますが、フルーツやスパイスの味や香りで聖夜のお茶を表現しており、パッケージも趣向が凝らされていてギフトにも最適です。

 なかでもルピシアの「ジングルベル」は爽やかな葡萄の香りがシャンパンを思わせ、また今年から発売の「ティーブレイク」は口当たりの良いシンプルな紅茶で、フレーバーティーが苦手な方でも楽しめます。

 これらクリスマスのお茶をアイスティー用に濃い目に作り置きしておき、パーティの場で炭酸水やフルーツでアレンジしてお出しすれば車を運転する人やお酒が苦手な方にもクリスマス気分を楽しめるノンアルコール飲料として喜ばれそうです。

 クリスマスの準備や後片付けでクタクタだという方や、年末は仕事や行事で忙しくてクリスマスどころではないという方も、熱いお茶を一杯注いで一呼吸。それぞれのクリスマス、美味しいお茶とともにお過ごしください。